Category Archives: マーケティング関連

Google認定ショップ一覧

前回の記事で紹介した「Google認定ショップ」を導入しているECサイトを記載します。
※認定ショップは徐々に増えていくと思いますので、随時追記していきます。

■Google認定ショップについて(おさらい)

商品の発送状況やカスタマーサポートが一定の基準を満たしている販売者のみ参加できるプログラムであり、ユーザーに対しては、万が一のトラブル時に、対象商品の購入補償(上限10万円)を含む問題解決のサポートをGoogleが提供するサービス。

利用ユーザーとしてはECでの購入に対する不安感を解消でき、参加ショップとしては信頼性を証明することで、CV率(コンバージョン率)が向上する可能性がある。

■2014年11月現在の認定ショップ

中古品の通販なら【KOMEHYOオンラインストア】 | コメ兵

ABC-MART トップ-靴通販やスニーカー・シューズ情報
下着通販|ワコール・トリンプの京都発インナーショップ白鳩公式サイト
ユナイテッドアローズ公式通販 -UNITED ARROWS LTD.-

家電通販サイト|ECカレント – おすすめ家電・パソコン・液晶テレビの通販価格

【びんちょうたんコム】自然食品・エコ雑貨・ナチュラルケアのメガショップ
コンタクトレンズ通販 レンズアップル

トップページ - スイッチサイエンス
オフィス家具通販のオフィスコム
ペット用品通販UGペット.com -ペットフード・用品専門ネット通販サイト-

■2015年2月追加

【花キューピット公式サイト】フラワーギフトのご注文は花キューピット

特価COM | パソコン・家電 特価販売の通販サイト

■2015年9月追加

音楽雑貨専門店♪プレリュード 《 Prelude 》
だし・ラーメンスープ用乾物、冷凍魚介類 -業務用販売・通販|ネット商社ドットコム
メンズ&レディースのブランド古着通販|カインドオンライン
自然派コスメのモーガンズ mogans
ハロウィンキャンディなら飴専門店【金扇】。クリスマス、新年のご挨拶イベントで配るお年賀お菓子(干支飴)やプチギフトの通販。
【トナー246.com】 日本最大級のトナーカートリッジ専門店 / 純正・汎用・リサイクル … etc.
セレクトショップ マナマナ本店 ファッション通販サイト
照明のライティングファクトリー インテリア照明器具の通販
景品パーク|景品選びは景品パークにおまかせ!あらゆる景品を安心通販でお届けします。
景品パーク|景品選びは景品パークにおまかせ!あらゆる景品を安心通販でお届けします。
車のコーティングならガラスコーティングのハイブリッドナノガラス/クルーズジャパン
フラとハワイアンスタイル専門店 ララフラ
グラス RayES/レイエスの通販サイト
ササクラスポーツ ジャージ王国|通販とチームジャージ作成
プリウス・レクサス ドレスアップ カーパーツ エアロなど特価で販売!|カーパーツ販売IMCショップ
イーサプライ本店 | 日本最大級の日用品サプライ激安通販サイト

■2015年11月追加

キャリーバッグならスワニー【SWANY】公式通販オンラインショップ

 
※掲載されていないGoogle認定ショップがありましたら、コメントでご連絡ください。

Google認定ショップ

Google認定ショップについて、わかりやすく説明します!

Googleが提供する「Google認定ショップ」が日本でも使用できるようになりました。
http://www.google.co.jp/certifiedshops/

日本では、2014年10月時点でABCマートなどが既に対応しています。
・ABCマート
 http://www.abc-mart.net/shop/
・ECカレント
 http://www.ec-current.com/

これから対応したショップが増えていくものと思われます。(もしかしたらECサイトの標準になるかも??)

では、Google認定ショップがどういったものか説明したいと思います。

購入者のメリット
1.優良なカスタマーサポート体制をとったショップを証明する。
Google認定ショップは、商品の発送状況やカスタマーサポートが一定の基準を満たしている販売者のみ参加できるプログラムです。
ECサイトを利用するユーザーとしては、ECでの購入に対する不安感を解消できます。
例えば、ECサイトで注文した後に配送の問い合わせを行いたい場合や、注文の変更・キャンセルを行いたい場合、配送状況を確認したい場合などECサイトを運営しているショップに問い合わせる必要があります。
しかし、問い合わせに対応するカスタマーサポートのレベルというのは、ショップによって異なります。
なかには、連絡が取れないことや、数日経っても返答がないなど悪質なケースも有ります。
Google認定ショップになるためには、一定の基準をクリアする必要があり、上記のような連絡が取れないショップは認定ショップになれない仕組みです。(認定後も、購入者アンケートなどがあるためサポートレベルを維持する必要があります。)

2,購入補償による支援を行う。
Googleは、認定ショップで商品を購入したユーザーに最大10万円までの購入補償を行います。
カスタマーサポート体制のあるショップでも、購入した商品と違うものが届いた場合や、商品が破損しているなどトラブルはあります。
Googleはショップ側での対応を基本としていますが、それでも解決に至らない場合、購入金額を補償するものです。

3.Google認定ショップのバッジがクチコミに代わる購入指標になる。
ECサイトで商品を購入するときに、クチコミを参考にする人は多いと思います。
しかし、クチコミはネガティブなコメントが目立ってしまいます。
健全なショップであれば、クレームやご意見に対して改善活動を行いますが、悪評のクチコミは改善したとしても残ってしまいます。
そのような健全なショップは、本来であれば報われるべきですが、悪評のクチコミが残っているばかりに正当な評価はされないかもしれません。
Google認定ショップのバッジが表示されていることは継続的に改善活動を行っている証となります。

こういった取り組みで、購入者としては安心して商品を購入できるのではないでしょうか。

購入者のデメリット(??)
デメリットかはわかりませんが、購入補償を有効にするとGoogleアカウントの登録が必要であり、認定ショップでの購入情報は
Eメールアドレスで、Googleアカウントに紐付けられます。

詳しく知りたい人は、Google認定ショッププログラム利用規約をご確認ください。

ショップのパフォーマンス基準
1.取引件数として90日周期で600件以上の注文を処理することが必要
処理件数は、注文完了画面に埋め込むスクリプトによってデータ送信され、Google側が判別するようです。

2.発送日遵守率を90日周期で80%以上を達成することが必要
注文が予定どおり配送されたかどうかは、購入者アンケートによってGoogle側が判別するようです。

3.ショップの評価を90日周期で4.0以上の評価を獲得することが必要
評価は購入者アンケートとGoogleショッピングによる評価で判別するようです。

その他、カスタマーサービスとして問題報告率が300件につき1件以下や、問題解決の平均日数を4日以内、年間返金額を50万円以内などの条件があります。(全て90日周期でのカウント)

詳しく知りたい人は、販売者向けヘルプページをご確認ください。

ショップのメリット
色々と厳しい条件ではありますが、このプログラムによって信頼性を向上することができ、結果としてコンバージョン率の向上など成果に繋げる事ができるものと思います。
また、リスティング広告(Google AdWords)の表示結果にレビューを表示することができます。(レビュー表示はクリック率を向上させることが出来ると言われています。)

「ウチが運営しているショップはサポート万全です!!」とサイトに表示したところで、誰も信用してくれません。
しかし、Google認定ショップのバッジが表示されていることにより、第三者であるGoogleからサポート万全な体制を継続的に維持していることを証明してもらえるのです。

ショップのデメリット(??)
これもデメリットかわかりませんが、Googleに個人情報を吸い上げられるのでは??みたいな邪推を持つユーザーはいるかもしれません。
そういう人は、そもそもGoogleアカウントを登録するな!と言いたいですが、全てGoogleに吸い上げられる、と勘違いするユーザーはいると思います。
ECサイトでの購入時に、購入補償を有効にするか/しないかを選択する画面が表示されますのでこれを無効にするとGoogleに個人情報は送信されない訳ですが、この説明はサイト内に記載する必要があると思います。

Googleの狙い(推測)
個人的な推測ですが、以下のような目的があるように思います。
1.リスティング広告やGoogleショッピングの収益向上
そもそもGoogleは広告収益で成り立っています。
リスティング広告表示結果にレビューやバッジを表示したりすることで、自然検索(広告ではない検索結果表示)のクリックをリスティング広告のクリックに転換しGoogleの収益を向上させることは容易に考えられます。

2.将来的なサービス連携
例えば、ポイント制のようにGoogle Playで使えるクレジットを付与するなど、Googleサービスでの囲い込みなども考えられます。(あくまで推測です。)

まとめ
いかがでしょうか?
これだけの仕組みで参加に費用はかかりません。
例えば、参入障壁の低い業種で商売をしている大手企業は、中小零細企業との差別化のために導入を進めてくるところは多いのではないでしょうか。
この仕組みで、Eコマースに健全な取引きを行える環境を提供することは非常に良いことだと思います。
(90日周期で600件以上という注文件数を条件にしているのはどうかと思いますが・・)

顧客情報の流出や不正ログインなど、インターネット利用に不安を感じるニュースが多い中、Eコマースに安心感を与えるサービスはもっと広がって欲しいです。