「マイパスワード(パスワード管理ソフト)」がGoogle Chromeで使えなくなった時の対処方法

私は、各サイトのパスワードをOCN「マイパスワード」で管理しています。

またメインブラウザはGoogle Chromeですが、ある日突然「マイパスワード」が使えなくなりました。
Google Chromeでは、Bookmarkの同期やら色々と設定しているので、いまさら他のブラウザへの移行も難しくWebサイトを検索したり試行錯誤することでなんとか解決しました。

1.Google Chromeで使えなくなった背景
「マイパスワード」は、Chromeのエクステンション(拡張機能)となっています。初期設定時にWindowsPCでインストールを進めていくと
Chromeのエクステンションも一緒に付いてきました。
それが、2014年5月からいわゆる野良アプリ(Chrome Web Store以外からインストールされたもの)は無効化されるようになりました。

Google、「Chrome Web Store」に未登録の拡張機能を使えなくする措置を実行

2.対処方法
まず、NTTコミュニケーションのサイトに何か記載されていないか?を確認したが全く無し。。
マイパスワード(動作環境)

さらに探してみると、サポートツールというものがあることが判明。(下記はCドライブにインストールしている場合の例です。)

C:\Program Files\Trend Micro\TMIDS\PwmDiagnose.exe

1.上記のファイルを起動する。
2.「サポートツール」が立ち上がったら、[(B)アンインストール] タブの[5.すべてのモジュールを停止] をクリックする。
3.Chromeの「ツール」⇒「拡張機能」から「マイパスワード」を削除する。
4.「サポートツール」の、[(B)アンインストール] タブの「8.Chromeの拡張機能をインストール」をクリックする。
5.すると、Chrome Web Store内の「マイパスワード」が表示されるのでインストールを行う。
Chrome web Store(マイパスワード)

以上で、私は解決しました。
そもそも、Chrome Web Store内で公開したのなら、NTTコミュニケーションのサイトで表示しても良いように思いますが。。

因みに、他の方法(ホワイトリストに登録する)もあるようです。
GoogleChromeで野良エクステンションが無効化されてしまうのを回避する【自分用備忘録】
※実際に出来るか、検証していませんので実施する際は自己責任でお願い致します。

 

GOOGLE APPS FOR BUSINESS導入の道3・ドメインの登録と所有権の確認

1話目:GOOGLE APPS FOR BUSINESS導入の道1・メールホスティングの変更について
2話目:GOOGLE APPS FOR BUSINESS導入の道2・ドメインの準備

前回の記事にてドメインを取得したら、Googleの管理コンソールへ登録しましょう。
登録すると「ドメイン所有者の確認」が必要となります。
ドメイン所有者かどうかを確認する方法として、いくつか方法がありますので確認しやすい方法でご確認ください。
1.DNS設定でTXTレコードを登録する。
2.DNS設定でCNAMEレコードを登録する。
3.ドメインで設定しているWebサーバーのTOPにHTMLファイルをアップロードする。
4.TOPディレクトリのindexページに<meta>タグを追加する。
5.Google Analyticsのトラッキングコードで確認する。
6.Google タグマネージャのトラッキングコードで確認する。

所有権の確認でおすすめの方法としては、上記1,2,5,6あたりでしょうか。
確認をとった方法は、所有者の確認が取れた後も、継続的に設定しておく必要があります。
DNS設定の一つである、TXTレコードやCNAMEレコードは、それほど変更しない設定ですので、ここに登録しておけば間違いは少ないです。
一方、Google AnalyticsやGoogleタグマネージャは、どちらかはいずれタグの設置・導入を行うものと思いますので、あわせて設定してもよいかと思います。